スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イギリス、紹介者があった方が有利

イギリスのビジネスアポイントは、秘書を通して電語でとり、
後で手紙で確認するのが普通です。3ヵ月や半年前のアポイントでも結構です。
反対に忙しい人ほど直前のアポイントは嫌われます。
-- 日欧ビジネス比較ブログ


イギリスでは、初対面の時は紹介者があった方が有利です。

挨拶は、日本や韓国と違って自己紹介の時、肩書きを言わず
名前だけを名乗るのが習慣で、こちらを軽く見ているわけではありません。
また、こちらが名乗る時には、肩書きをつけてもいっこうに差し支えありません。
なお、呼びかける相手が既婚女性の場合、アメリカと違ってMrs(ミセス)はつけません。

会談は、相手の目を見て話すのが基本で、はずかしがらずに目と目を
見つめ合って話しましょう。もしイギリス籍の人材と面接をする場では、
その特性も知っておいたほうがいい。

イギリス人は「頑固、負けず嫌い、プライドが高い、
謝ることを知らない」とも言われています。負けず嫌いなイギリス人の論理に
根負けしないように、冷静に対応しましょう。

By SY
スポンサーサイト
[ 2012/11/01 22:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
非常に儲かる話
00jS4e2p
非常に儲かる話です!
お金に困ってませんか?
http://g4iW32a4.gemgem.mobi/g4iW32a4/
[ 2012/11/15 12:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

人材チーム

Author:人材チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
人材チームオフィシャルブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。