FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る」己の“グローバル化”を見せろ!

[2012年04月09日] DIAMOND ONLINE

入社式で引っかかったところ
 4月2日、日本では大手企業で入社式が行われたようだ。いわゆる「入社」というものを経験したことがなく、履歴書やエントリーシートも書いたことのない私には無縁な話で、入社式関連のメディア報道を興味深く見ていた。しかし、どうしても引っかかる点があった。

 社長の訓示でもっとも多かったのが、新入社員に「グローバルに通用する実力をつけてほしい。外国語を早期に習得することだ。期待している」という内容だ。

 日本経済新聞電子版ニュース(2012年4月2日『「グローバル化」「危機感」強調 入社式でトップ訓示』)によると、4月1日に就任したシャープの奥田隆司社長は「日本のエレクトロニクス業界は非常事態ともいえる厳しい状況。皆さんも自らグローバル競争に打って出て次の成長を確かなものにしよう」と新入社員に呼びかけたという。また、三菱重工業の大宮英明社長は「従来以上に海外市場で戦わねばならない」、キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長は「すべての物事を国際的な視点から考えることができる『国際人』になってほしい」、三菱商事の小林健社長は「世界の動きを敏感に察知する感性を磨いてほしい」と訴えたそうだ。

 大手企業を中心に、グローバル化の流れを敏感に察知し、社内変革につなげるムーブメントを起こそうとすることは大いに歓迎すべきことだ。各社社長の力強い言葉を聞いて、私は感動のあまり身震いした。

社長のグローバル度は?
 しかし、ここで考えてみよう。“グローバル化”は少なくとも十数年前から各企業の経営課題として挙げられてきた。電機メーカーは、中国やインドなどの新興国でのAV製品のシェアで、韓国サムスン電子やLG電子に負けている。ここまで自社の業績や世界的なブランド価値の低下を招いたのは、自然災害や金融危機を含めた内外の情勢に左右された側面もあることは否めないが、現在、会社の中枢で意思決定に深く関わってきた経営陣が、事業のグローバル化に対応し切れなかったことが原因であることに疑いの余地はない。

 大学を卒業したばかりで、社会人経験ゼロの新入社員に“グローバル化”を求める前に、社長自らがグローバル化している姿を行動で示し、先導すべきではないのか。

たとえば、入社式の新入社員全員の前で、日本語で核心的なメッセージを伝えるだけでなく、特にグローバル化を強調する場面では英語、あるいは自身が習得している外国語で訓示を述べる。実際に、日立製作所の中西宏明社長は、訓示の後半部分を英語で伝えた。

 次に、取締役などの役員を舞台に上がらせて、英語でのパネルディスカッションをガンガン行ない、日頃、グローバルなビジネスの舞台でどのような格闘がなされているのかを、これから共に汗を流していく若者たちにデモンストレーションする。そうすることで、社長の発言は説得力が激増する。新入社員もやる気になるはずだ。

「私も社長みたいにグローバルな人材にならなければ、将来、会社を動かす大きな仕事ができないのだ」と実感してもらうことも、入社式の重要な目的の一つであるはずだ。必要なのは、「グローバル化の切迫性」を語っている社長や、意思決定に関わっている経営幹部の行動そのものだ。

 大手コンサルティングファーム、ブーズ・アンド・カンパニーは2011年11月、日本企業に対して組織や人材のグローバル化に関して69項目にわたるアンケート調査を行なった。それによると、約9割の項目について「重要視」していると答えたが、具体的に取り組みを始めているのは2割強にすぎないという。まだ多くの日本企業は「頭では理解しているが行動を起こしていない」段階なのだ。(『週刊ダイヤモンド』2012年4月14日号、「組織・人材のグローバル化が遅れる日本企業に効果的な五つの処方箋」参照)

 仮に、入社式でグローバル化を強調しておきながら、経営幹部が外国語すら話せず、国際的視野に立脚した自社の未来や事業展望を語ることができなければ、そんな入社式にはいかなる意味もなく、会社のお先も真っ暗だと言わざるを得ない。

 最低ラインとして、会社内ではグローバルスタンダードが重んじられ、「公平さ」が保証されていなければならない。たとえば、成果を上げた人間は、国籍や年齢、性別に関係なく昇進させ、具体的な待遇で報いる。逆に、結果を残さない人間に対しては辞めてもらう、ということだ。

現地の言葉で勝負を挑む気概
 私は中国にある日本企業で働く中国人従業員としばしば交流する。彼ら、彼女らが赤裸々にこぼす愚痴から、「日本企業は中国でいかにビジネスをすべきか」を考えるためだ。中国貿易外経統計年鑑によると、中国における日本企業の数は2009年末の時点で2万2263社。国としては米国(2万2151社)を抜いて第1位。中国における外資企業全体の7.8%を占める。

 20代の女性から聞かされる典型的な愚痴は以下のようなものだ。

「日本から来た社長や駐在員たちは、いつも中国のここが問題で、君たちの日本語はここがおかしい、もっと勉強しなさい、みたいなことを言うけれど、彼らは、ここが中国であるにもかかわらず、まともに中国語を勉強しようともしないのよ。言葉もできない、中国と向き合おうともしない人間に命令されても、ストレスと失望感が残るだけだわ」

 一日本国民として思うこともある。

 まともに中国語も話せず、外国語による交渉も当たり前にこなせないのに、税金による北京生活を“エンジョイ”している大使館員も少なくない。人事など制度的な欠陥もあるのだろうが、少なくとも、命がけで中国語を反復練習するとか、中国人に中国語で勝負を挑んでいくとか、気を失うまで酒を飲み、中国軍人を張り倒すくらいの気概は見せないといけないのでは、と現状を憂いている。

自分に言い聞かせろ
 だが、ちょっと待て——。

 父が遺したあの言葉が脳裏をよぎる。

 立ち止まって自問自答してみよう。

「じゃあ、お前はどうなんだ? 命がけで外国語の習得に挑んでいるか? グローバル化の問題点を指摘するだけの行動を自分はとっているのか? 結果は残してきたのか?」

 振り返れば、私も手を抜いていた。

 道を歩きながら英語でプレゼンの練習をすること、ラジオで英語の番組を聞きながら床に就くこと、常に紙の辞書を持ち、暇さえあればにらめっこすること——。

 初心に戻ろう。ゼロから己をいじめ抜こう。汗をかこう。やれることは山ほどある。ボルテージが上がってきた。気合が入ってきた。今こそ己に言い聞かせよう。

 だったら、お前がやれ!!!

***************************

昨今の就活では語学やグローバルな人材等が求められている。
しかし、企業努力はどうなっているのか。なるほどである。
英語で訓示を述べた日立製作所の中西宏明社長のような人物が国際化というのなら確かに納得できる。
就活で決算報告書IR等を調べるのもひとつだが、その企業がどのようなグローバル化を行っているのかを知ることも大事である。

byMT
スポンサーサイト
[ 2012/04/30 02:06 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!」 思考停止のニッポンをぶった切る」己の“グローバル化”を見せろ!】
[2012年04月09日]DIAMONDONLINE入社式で引っかかったところ4月2日、日本では大手企業で入社式が行われたうだ。いわゆる「入社」というものを経験したことがなく、履歴書やエントリーシートも書いたことのない私には無縁な話で、入社式関連のメディア報道を興味深く見てい?...
[2012/04/30 02:15] まとめwoネタ速suru
プロフィール

人材チーム

Author:人材チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
人材チームオフィシャルブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。