月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本企業は"グローバル化"の必要性

2008年のリーマンショック以前から日本企業は"グローバル化"の必要性を
感じていた。ただ、それは非常に漠然としたものであったため一時的に社内に
外国人(英語堪能な人材)がいるといった状況を意識であったと考えられる。
--『外国人人材白書2012年―高度外国人人材について人材紹介会社としての見解
Copyright株式会社ビーコス

しかし、そのような動きはリーマンショックにより変わったと考えている。
企業は進出先の事情の詳しいネイティブを優先的に採用するようになり、
採用戦略をより明確にしてきているようだ。
また、進出先にアジアが圧倒的に多いため、アジアからの人材が日本での
就職の機会が拡大し今後もさらに増加していくと思われる。

結論として、現在の日本企業の外国人採用は、実際の海外進出もしくは海外
との連携に伴うことが多い。この傾向は、今後は安定化し、日本企業の海外
人事戦略の主流になっていくと考えている。


By SY
スポンサーサイト
[ 2013/03/11 20:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

人材チーム

Author:人材チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
人材チームオフィシャルブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。