FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外国人人材情報メイン

ビジネスにおいて日米の差で、良く聞かれるのは、アメリカは、上司にぺーぺーが
もの申すって普通にあることで、1つの目標(例えばプロジェクトを遂行する)を
達成するために、上司、先輩、などみんな関係なくみんな議論して、仕事を行います。


ようするに、アメリカの会社の組織は、命令伝達の系統が明確で、社長から
平社員まで順を追って伝わるようになっているので、部長が課長を飛び越して
係長に指示を与えることはできないし、その場合、課長は自分の権限を侵された
として、部長に抗議することになります。

権限に上下の差はなく、例えば、社長が入門証を忘れたら、
守衛は社長を会社に入れないこともできます。

よってアメリカ籍のグローバル人材は他国で就業していてもその特徴を持つ。

しかし、法律で全アメリカの会社がそれを義務づけられているわけではないので、
例えば、東南部ではファミリーが大半の株を持っている有力な企業が多いですが、
そんな企業の創業社長の中には特権意識を持つ者が多く、頭ごなしに命令する
ことがありますし、創業社長と世話になっている担当の部長を一緒に招待しようと
すると断られることがあります。「格の違う使用人と同席なんかできない」
ということのようです。

By SY
スポンサーサイト
[ 2012/10/22 20:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

外国人人材情報メイン

「高度外国人人材」というこの言葉は、そもそも日本政府が発行するビザの
種類に関連する。日本に在留している外国人の持つビザの種類が、
「教授、芸術、宗教、報道、法律・会計、医療、研究、教育、人文知識・国際業務、
技術、技能、投資・経営、企業内転勤」の専門的 技術分野の人材を「高度人材」と
呼んでいる。いわゆるホワイトカラーのことである。

--2012年度株式会社ビーコス『外国人人材白書』 2012/9

少子高齢化問題は、日本国民のみならず国内企業の将来にとって
深刻な問題である。どちらかと言えば量的な労働力の不足は、
単純労働人材の問題として受け取られやすいものの、高度人材にも
大きな影響を与えている。人材の母数が小さくなれば、高度人材数も
減ることになる。欧米諸国では、かねてから「高度外国人人材」の
受入れに積極的に取り組んでいるが、後を追うようにして
日本も積極的に受入れ体制を整えつつある。

さらに、日本企業が抱えるもう一つの問題が急速なグローバル化への対応である。
これにも「高度外国人人材」の獲得は必要不可欠である。
つまり、現在日本企業の抱えている上記の2つの問題の打開策として、
高度外国人人材」を受け入れ、そして確保することは大きな解決策の
一つと考えている。


By SY
[ 2012/10/10 16:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

人材チーム

Author:人材チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
人材チームオフィシャルブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。