スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国発 留学生の就職活動事情 世界中でグローバル人材を求める日本企業

WEDGE 12月6日(火)15時34分配信

日本では12月に入って就職活動が本格的にスタートしたところだろう。米国でも日本より1カ月早いが、こちらに留学している日本人学生向けにボストンで就職説明会が開かれた。「ボストンキャリアフォーラム」と称されたこの説明会には日本企業を中心に多くの有名企業が参加していた。 

 ざっと見回しただけでも三井住友銀行、野村証券など金融機関のほか、東京ガス、楽天、NTTドコモなどの事業会社も出展していた。外務省や日本銀行などの公的機関もあった。企業は自社の事業内容の説明のほか、その場で面接も行い、有望な学生と積極的にコンタクトしていた。

 私自身に就職活動は全く関係ないのだが、知人に誘われて様子を見に行った。会場は学生の熱気であふれて、特に日本や欧米の大手金融機関のブースの前には学生の長い列ができていた。今年は約170社が出展し、3日間でのべ約6000人の学生が来場したという。関係者によると去年を上回る盛況ぶりだったそうだ。全米のほかカナダや南米、欧州などからも多くの学生が集まったという。

◆海外ではフライングOK?抜け穴の倫理憲章

 日本では就職活動の早期化に歯止めをかけるため、財界の申し合わせで12月から説明会などを実施することになっているが、実際には海外では事実上の採用活動がいち早くおこなわれており、企業側も抜け目なく11月中に実施することで、学生を囲い込みたいという狙いがあるのだろう。

 具体的に面接を行って、これはと思う学生については最終的に東京の本社などで面接をするというパターンが多いようだが、実際に優秀な学生には既にボストンの段階で事実上の内定を出している会社もあるという。職を求める学生も必死だが、優秀な学生を逃さないよう企業側も必死になっている様子がよくわかる。海外で行われるイベントまで企業を拘束することはできないということなのだろう。

 しかし、ボストンにいながら日本風の企業説明や採用活動が展開されている様子を目の当たりにして、多少の違和感を覚えたのが正直なところだ。良し悪しは別にして、世界のどこまでいっても日本の企業はなかなか日本流のやり方を手放せない。

筆者:天正高夫 (「WEDGE Infinity」2011年12月5日掲載)

*********************

「ボストンキャリアフォーラム」。
私の相方のいとこがイギリス留学中に参加していた。
それを聞いた時、イギリスからわざわざアメリカまで就活に行くのかとびっくりした。
しかし、記事を読んで納得。
170社、学生は約6000人の参加とあらば非常に大きな説明会なのだ。
参加企業にとっては、即戦力として海外でビジネス商談のできる優秀な人材を獲得できるのだから。
この説明会での就職率をアンケート調査してみたいものだ。
そして筆者が記したように、日本式採用活動は海外に飛び出しても、結局同じなのだなあ。
逆に、日本で就職したいアメリカ人、外国人もこの説明会に参加できるのか?
work in japanとして日本人以外に門戸を開けば更に優秀な人材を獲得できるかもしれない。

By MT
スポンサーサイト
[ 2011/12/28 06:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

変わる「シューカツ」最前線 就活学生の英語事情を取材しました。

フジテレビ系(FNN) 12月21日(水)1時33分配信
変わる「シューカツ」最前線。高まるグローバル化の波を受け、学生に求められる英語力。
中には、「TOEIC」で一定以上の点数を要求する企業もあります。
就活学生の英語事情を取材しました。

東京・豊島区にある「サンシャインシティ」で、所狭しと学生と企業が会話を交わす就職イベントが開かれた。
ここに集まっていたのは、世界の有名大学に通う留学生たちだった。
学生たちは「わたしはイギリスのオックスフォード大学から来ました」、「わたしはカナダのアルバータ大学から来ました」、「カリフォルニア大学の方から来ました」と話した。
ここで行われていたのは、バイリンガル学生のための就職イベント。
参加企業は「一つの世界として、ボーダーレスな一つの世の中としてとらえて、どこにでも行ってくれるような、そういう人間を求めているということです」と話した。
今、企業は、国内市場の縮小にともない、海外へとその目を向けざるを得ない中で、英語力を標準装備した学生たちに熱い視線を送っている。
参加した企業の多くは、冬休みの一時帰国という限られた時間の中で、優秀な学生を得るため、説明会が終わり次第、即面接を行う。
ここで英語の面接を行うのは、大手家具専門店「ニトリ」。
人事の「大学での専攻は何ですか?」との質問に、学生は「国際経営学です」と答え、「クラスの前でプレゼンする機会が多かったので、自分の成長につながりました」と自分をアピール。
2012年、アメリカへ進出するニトリは、バイリンガル人材の獲得へ積極的に乗り出している。
人事からTOEICのスコアを尋ねられ、学生は「TOEICは900点です」と話した。
TOEICの成績を自信ありげに語る学生。
企業も学生の英語力に高い関心を寄せる。
ニトリホールディングスの鈴木敏明さんは「英語力、やっぱり高い方が多いですね。実際に聞いてみても、ネイティブといえるレベルの方が多いので、(TOEIC)800点台は結構、ざらにいるなとは感じますね」と話した。
また、武田薬品工業では、2013年度の採用から、TOEIC730点以上を一部の職種に義務づけるなど、今、英語力を新標準とする企業が増え始めている。
その影響は、すでに学生にも出ている。
学生は「説明会がもう、選考になってて、この間、なんか見られてて。(きょう、2次みたいな?)きょう2次みたいな」と話した。
同級生と情報交換する早稲田大学3年生・横地 かおりさん(21)は現在、就職活動の真っただ中。
そんな横地さんが放課後、足早に向かったのは、TOEIC点数アップのための英会話レッスン。
現在、横地さんのTOEICスコアは710点。
実践的なレッスンでスコアアップを狙う。
横地さんは「(TOEIC)800取りたいなって思ってます。700点だとあんまり、まだ書けないっていう、書いてもあんまりすごいってならないよねみたいな」と話した。
この英会話学校でも、TOEIC対策用に通う学生の受講者数が増えており、800点以上を目指す人も多いという。
しかし、横地さんが気にかけていたのは、点数だけではない。
不安を抱いていたのは、会話力。
就活の武器とするため、英語磨きに励む学生たち。
就活で忙しい中、自宅へと帰ったあとも、横地さんは毎日、英単語の勉強を欠かさない。
企業のグローバル化が進む中、就活真っただ中にいる横地さん。
横地さんは「今、まだ日本から外にあんまり出してない企業もあるかもしれないけど、これから出していきたいっていう会社はたくさんあるんだなって、説明会でも知ったので、不安なくしゃべれるようにしたいなって思ってます」と話した。
求められる英語力。
企業が留学生に注目するのは、語学力だけではなく、海外生活によって培われた経験。
ディスコグローバルキャリアサービス部の渡辺大助部長は「異文化の中でもまれているといったところのタフネスさだったりとかですね、そういった部分というのは、非常に評価されている部分ですね」と話した。
英語で自分をアピールする就活生の戦いは続く。

***********************

経済が低迷している日本では、海外進出がひとつの大きな流れになっている。
その結果、採用時にも英語力を求める企業が多くなってきた。
さらに、留学経験があれば、海外生活によって培われた国際感覚等が非常に評価されている。
しかし、日本からの留学生は年々減る傾向にあり、海外に出ない日本人学生と言われていた。
これからの大学生は学問を目的としての留学ではなく、就職するための留学をしたりして。
それより、日本にいる外国人求人が増えるのかもしれない。

By MT
[ 2011/12/27 15:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「まあまあ好きな人」は必要か。成功者が付き合う人

WEB本の雑誌 12月25日(日)16時51分配信

「モバゲー」を展開するDeNAが、新卒に「年収1000万円」という驚くべき金額を発表したところ、すかさずライバルのグリーが「最大1500万円」を募集要項に記載するなど、派手な新卒採用合戦が話題となりました。

 飛びぬけて優秀な人材であれば、新卒であっても年収1000万円を手にすることができる時代ですが、成功者たちの多くは、過酷な下積みや地道な努力を経て、高額収入や幅広い人脈を手に入れています。そんな成功者たちの共通ルールについて分析したのが、書籍『「やめること」からはじめなさい』の著者・千田琢哉氏です。


 「まあまあ好きな人とは付き合うのをやめる。」

 千田氏によると、成功者の多くは、「大好きな人」と「大好きなこと」だけをしながら、心から人生を謳歌しているようです。彼らは、中途半端なものには興味を示さず、限られた好きな人や仕事に対して全力を尽くすのです。そういった姿勢で生活をしているので、「ありがたい」「申し訳ない」といった感謝の念が、その言動から周囲に伝わるのでしょう。結果的に成功のサイクルができあがるのです。

 逆に、成功者以外の人たちは、それほど好きでもない人たちと、好きでもないことばかりを行なっている、と千田氏は指摘します。そのような関係だと、人との出会いを大切にしにくく、仕事もいいかげんになりがちです。

 「『こんなに嫌な人たちと嫌なことを我慢してやっているのだから』といって、周囲にも我慢を強要してしまう。人とお金が離れていくのもこうした理由からだ」(千田氏)

 やや厳しい言葉ではありますが、本質をついていると感じる人は少なくないでしょう。

 多くの人と交流する機会に恵まれるこの年末年始、「寂しさを紛らわすためだけの間柄」になりがちな、「まあまあ好きな人」たちとの関係を、あなたはどう考えますか?

**************************

「まあまあ好きな人とは付き合うのをやめる。」
仕事はもちろん、プライベートでも実際に実行するには勇気がいる。
人間関係なんてしがらみだらけなのだから…。


  アメリカに住む日本人の多くが、こちらの生活は
  日本のような『しがらみ』がなくて楽しいと言う
  表現を英語にすると・・・

"We can enjoy our lives in America as there are
few ties binding us to the society that
we felt when we were in Japan."

海外だとしがらみなく好きなことだけやっていけるのかしら?!

By MT
[ 2011/12/27 14:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

年収1000万クラスの求人条件は?

web R25 12月18日(日)7時15分配信

DeNAが1000万円なら、グリーは1500万円!

と競売ばりの高額っぷりが話題になった、来季新卒採用の年収。このご時世、思わず目を疑う額だが、転職市場では年収1000万円級の求人ってどんな条件なのだろう?

「簡単にいえば、需要(求人数)に対して供給(求職者数)が足りない“売り手市場”にあることです。その最たるケースが、開発者の少ないソーシャルゲーム市場。ここのところ、高額求人の条件は、学歴や職務経験などの“経験ベース”から、企業が挙げた仕事ができるかを問う“ミッションベース”に変化しています」(リクナビNEXTの黒田真行編集長)

その言葉を受けて、ヘッドハンターの兼本尚昌さんはこう話す。

「確かに、スキルの有無でなく、企業のミッションを遂行する即戦力になれるかが、最近の高額求人のカギです。条件も『新しい部署の責任者になれる、ソーシャルゲームのシステムをスマホ用に最適化して開発、管理できる人材』という具合。在籍している部署や手掛ける業務内容を限定したうえで、競合企業からの引き抜きを依頼されるケースも珍しくないですよ」

また、公認会計士などを専門にヘッドハントを行うVRPパートナーズの大谷幸宏さんは…。

「即戦力になるのはもちろん、より細かく専門性が求められるのも特徴です。たとえば、会計士業界は“買い手市場”なので、監査実務という公認会計士としての基本スキルだけでは市場価値が上がりづらい。経験に加え、数字を分析して今後の経営戦略を立てられるコンサルティング的な能力を持っていてはじめて、高額求人の対象となるんです。また、TOEICなら850点以上程度の英語力や、国際会計基準の知識も必須条件ですね」

うーん、年収1000万円はやはりハードルが高い! ただ、自分の専門性が何かを見極めることが、キャリアアップの近道になりそうですよ!?
(有馬ゆえ/ノオト)
(R25編集部)

**********************

年収1千万オーバーはあるのだなぁ。
ソーシャルゲーム市場での高額求人はこのご時世納得である。
記事中の公認会計士については、資格があれば十分に稼げるのだろう、と思っていた。
しかし、コンサルティング能力や英語力、国際会計基準の知識など様々なことが要求されている。
金融という面から、決算書報告IR等を読み解く能力が必要なのだろう。
年収1千万の人にはもちろんそれなりの訳があるのだ。

By MT
[ 2011/12/21 23:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ユニクロ、在学中でも応募できる通年採用の制度開始


産経新聞 12月20日(火)18時48分配信

 カジュアル衣料チェーンのユニクロは20日、在学中の学生でも応募が可能な、新卒・既卒を問わない通年採用を、12月から開始したと発表した。2013(平成25)年度は、留学生も含め国内で前年度比270人増の約500人を採用する予定。

 ユニクロは入社希望者を対象に、店頭での実務を体験させるインターンシップを導入しており、将来の店長候補としての育成を目指している。在学中に一定の選考過程を通過した学生には「ユニクロパスポート」を発行、卒業までの間、いつでも最終面接に進める仕組みとした。

 人事担当者は制度の狙いを「これまでは新入社員を店長まで育てても辞められてしまうなど、採用上のミスマッチがあった。早い時期から実務に慣れてもらい、優秀な人材を確保するため」と話している。

**********************

前々からユニクロの採用方法が変わるとニュースになっていた。
それがついに「全世界オープン採用」として始まった。
ユニクロのHPを見てみると、各国・地域での募集として海外諸国が連なっている。
その中で、シンガポール、マレーシア、ロシアタイのページが建設中になっている。
つまりそこがユニクロがこれから進出して行く地域なのであろう。
ユニクロの12年度採用活動次第では日本の就活スタイルが変わるかもしれない。

By MT
[ 2011/12/21 23:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

就職説明会:留学生が就職活動 80人以上参加--熊本大 /熊本

毎日新聞 12月19日(月)12時31分配信

 県内の大学などで学んでいる外国人留学生向け就職説明会が18日、熊本市の熊本大で初めて開かれた。留学生の積極採用を検討している県内外の14社と、留学生80人以上が参加した。
 県、熊本市、熊本大の「都市戦略会議」で、県内への留学生増加が示されたのを受け、県などが主催した。人事担当者と海外出身の社員によるパネル討論で、食品商社の丸菱(益城町)に就職した朴浩泳さんは「言葉は一番課題だが、それは当たり前。言葉は働きながら覚えていくし、不安に思わないでほしい」と後輩を励ました。会社ごとのブースでは、担当者が海外拠点の説明や留学生に期待していることなどに重点を置き、会社のPRをした。
 中国遼寧省から留学し、日本での就職か帰国か迷っているという熊本大大学院1年の劉月さん(26)は「実際に来て、日本の企業の面接の流れがよく分かった。就職は難しそうだが、しっかり考えたい」と話した。【結城かほる】

***********************

東京、大阪等の大都市での留学生対象の就職説明会はあるだろうが、地方での地元企業の説明会は珍しいのではないだろうか。
外国人求人が地方企業でも多くあるということだ。
しかし、現在の就活スタイルでは留学生に不利なことが多いと思う。
就活の方法自体を全体で変える等しなければ、優秀な人材は日本に留まらないだろう。

By MT
[ 2011/12/21 23:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ビジネススキルのない「無個性」では、TPP後の就活で生き残れない

週プレNEWS 12月12日(月)12時18分配信

12月1日から始まった就活に合わせて大手ナビサイト「マイナビ」が駅などに掲出を行なっているポスターが「気持ち悪い」と、ネット上で批判を浴びている。

 広告は、何十人もの就活生たちがリクルートスーツ姿であごに手を当てたポーズをとっている写真を並べたもの。しかもそのポーズは、今年10月に死去したスティーブ・ジョブズの評伝の表紙と同じ。個性的な天才と称されたジョブズと、無個性な就活生たちの対比により、この広告に接した人には就活自体が「個性を殺す」ことのように見えてしまったのだ。

 TPP参加へ進む現在、学生たちが働く今後の日本にはどんどん外国人が参入してくることが予測される。大きく変わる雇用環境について、『<就活>廃止論』の著者・佐藤孝治氏は次のように語る。

「TPPに参加すると、加盟国・アメリカやシンガポールなど海外から優秀な人材を獲得する動きが活発になります。その一方でベトナムなど発展途上国から低賃金で雇える工場労働者が大量に入ってくる。ホワイトカラーもブルーカラーも手強いライバルが増えるわけですね。では逆に、日本人の学生がそうした企業の方々からどう見られているか知っていますか? 語学もビジネススキルもなく、スペックが低い“使えない人材”と思われています。国内企業からも厳選採用が強まり、そっぽを向かれている……。毎年10万人以上の未就職者は、このままだと増え続けるでしょうね」

 では、TPPを見据え、日本の就活生たちはどうするべきなのか? 経済評論家の森永卓郎氏はこうアドバイスする。

「アメリカの大学生はみんなベンチャーを起業します。なぜか? アメリカには日本みたいにどこかに就職したら安定するというローリスク、ミドルリターンな就職先がないからです。中流がない厳しい社会だからこそ、企業組織に依存しないキャリアプランを明確に描き、一か八か、勝負をかけようと奮い立つんですね。もちろん、そのためにはスキルアップする時間を惜しまない。大手偏重で就職人気企業ランキングを上からなぞるような就活に明け暮れる日本人学生と大違いというわけ。TPP後は、そんな同世代の外国人がライバルになる。彼らに負けないために今何をすべきかを考えれば、おのずと進むべき道は見えてくるはずです」

 個性で勝負し、ハイリスクハイリターンな結果を求める外国人たち。同じリクルートスーツを着て人気ランキング企業への就活に明け暮れる日本の就活生たちは、彼らとの競争に勝てるのだろうか。

***********************

TPPは就活生にも影響があるのだ。
これからは外国人求人が増え、ますます就職できない日本人が増えるのだろうか。
"work in Japan"といったサイトがアジアを中心にアクセスが増えるかもしれない。
私もそうだったが、就職活動は一定のマニュアルがあった。
それを破っても就職できるのは本当に一握りである。
このような就活スタイルは社会が作ったもので、学生が望んだものではないと思う。
就活生が少しかわいそうに思えるのだが。

By MT



[ 2011/12/16 22:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

社長に聞く、2011年の優れたトップは誰?

Business Media 誠 12月15日(木)14時47分配信

2011年の最優秀経営者は誰だと思いますか? 従業員10人以上の経営者に聞いたところ、ソフトバンクの「孫正義社長」(140人)を挙げる人が最も多いことが、産業能率大学の調査で分かった。孫氏が最優秀経営者に選ばれたのは2年連続。「先を見据えたビジョンに向けて挑戦する姿勢や迅速な行動などを推す声が多かった。また東日本大震災後の寄付行為への評価も目立った」(産業能率大学)としている

次いでアップルの元CEO「スティーブ・ジョブズ氏」(103人)、ファーストリテイリングの「柳井正会長兼社長」(41人)、トヨタ自動車の「豊田章男社長」(33人)、日本航空の「稲盛和夫会長」(14人)と続いた。

 ジョブズ氏の名前を挙げた人に、その理由を聞いたところ「商品だけでなく、文化を創り出してきた」、柳井氏と答えた人からは「挑戦し続ける姿勢がすばらしい」といった理由が多かった。「全体的に、革新に向けて挑戦、行動する姿勢を評価する声が多かった」(産業能率大学)

●2012年に注目する企業

 来年(2012年)はどの会社に注目しますか? この質問に対し「オリンパス」(48人)と答えた人が最も多かった。その理由として「窮地をどう乗り越えていくのか興味がある」「失墜した信用をいかにして取り戻せるのか」「技術力が存続のベースになるのか注目している」といった声があった。

 2位以下は「ソフトバンク」(43人)、「トヨタ自動車」(37人)、「ディー・エヌ・エー」(34人)、「アップル」(29人)と続いた。ソフトバンクと答えた人からは「他社のiPhone販売をどう迎え撃つのか楽しみ」、トヨタ自動車については「日本のトップカンパニー。さまざまな問題からどう脱していくのか注目している」などの意見があった。

 ちなみに7位には「東京電力」がランクイン。「原発問題をどう解決していくかに興味がある」といった声があった。

 インターネットによる調査で、従業員10人以上の経営者456人が回答した。調査期間は11月25日から12月5日まで。

******************

日本の社長達はどのような経営者を優秀と思っているのか非常に興味深いところである。
スティーブ・ジョブズや柳井社長は私も支持したい。
やはり、「革新に向けて挑戦、行動する」ことが社長の理想の姿なのだろう。
ただし、これは日本的なのか気になる。
海外だと誰が挙がるのだろうか。
外国人アンケート調査をしてみたいものだ。
社長の著書からも多くのことが学べるだろう。
現在発売中のスティーブ・ジョブズ氏の伝記がベストセラーになるのもそのためだ。
世界中で多言語翻訳されて発売されている。
また、彼のオックスフォードでのスピーチも映像翻訳され世界中に紹介されている。
テープお越し翻訳をして英語の教材として使用されることもあるようだ。
やはり、経営者、社長はカリスマで多くの人に影響を及ぼす人なのだ。

By MT
[ 2011/12/15 23:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「ここでは働きたくない」――大学生がそう感じている業界は?

Business Media 誠 12月14日(水)20時7分配信

 現役の大学生はどういった業界に就職したいと考えているのだろうか。2013年3月卒業予定の大学生(大学院生を含む)に聞いたところ、1位は昨年に続き「商社」(28.5%)であることが、日経HRの調査で分かった。学生からは「高給」「海外勤務」「幅広い仕事」などが評価されて、高い支持を集めた。

次いで、「食品」(27.8%)、「銀行」(21.4%)、「化粧品・生活用品」(18.7%)、「テレビ・広告」(15.7%)と続いた。「食品」は昨年(20.0%)から7.8ポイントもアップ。「化粧品・生活用品」(昨年比7.5ポイント増)は女子学生からの支持を多く集めた。

 支持率を下げた中で目立つのは「不動産」や「電力・ガス業界」。特に「電力・ガス業界」(3.6%)は4.0ポイントも減少した。「東日本大震災に伴う東京電力・福島第1原発の事故の影響で、業務上のリスクや将来性に不安を抱く学生が増加したのだろう」(日経HR)

●大学生が働きたくないなあと思っている業界

 大学生が働きたくないなあと思っている業界はどこだろうか。「フードサービス」(17.8%)と答えた人が最も多く、次いで「公務員・教員」(14.6%)、「百貨店・スーパー・コンビニ」(11.9%)という結果に。「フードサービス」は2009年から3年連続でワースト1位。アルバイトとして業界を経験している学生も多く、その結果「行きたくない」と判断している人も多いようだ。3位の「百貨店・スーパー・コンビニ」については、土日祝日勤務を敬遠している人が目立った。

 一方で、「行きたくない業界はない」と答えた人も20.2%いた。昨年の22.2%から2.0ポイント減少したが、「どの業界でもいいから就職したい」という気持ちの人が多いのかもしれない。

 インターネットによる調査で、都内の大学生(大学院生を含む)529人が回答した。調査期間は11月18日から28日まで。

**********************

就職難の現在、「どの業界でもいいから就職したい」と望む学生もいるが、
やはり条件の良い「商社」やお堅い「銀行」などが人気なのだなぁ。
就職活動に四季報等も利用するのだろうか。
もし、外資系企業を希望するのであれば、四季報の代わりに、IR翻訳決算報告書翻訳が必要となるのか。
そういった翻訳は専門用語等が多いだろうから、機械翻訳では難しい。
日本企業も外国人求人が多くなっているので、学生達のライバルも増えるのだからうかうかしていられないだろう。

By MT
[ 2011/12/15 23:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

社内メールは「時間の無駄」と全面禁止へ 仏IT企業


CNN.co.jp 12月6日(火)18時12分配信

(CNN) 仕事中に絶え間なく「受信トレー」に舞い込み、たまっていく電子メール。朝から晩まで、メールが一切届かない1日を夢見る社員も多いはず。仏IT大手のアトス・オリジンは、2年以内にそんな職場環境を実現させる計画だ。

ティエリー・ブルトン最高経営責任者(CEO)は、オフィスを飛び交う大量のメールが「職場環境を汚染し、私生活を侵食している」と話す。同社ではこの問題への取り組みとして、今後社内メールを全面的に禁止し、従業員同士の連絡はインスタント・メッセージや、ウェブ上で複数のユーザーが文書を編集できるシステムなどに切り替えていくという。

ブルトン氏は先週、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューに応じ、自身は3年前から仕事上のメールを一切送っていないと語った。「話があったら直接会いに来るか、電話や文字メッセージで連絡してくれればいい」「メールは会話の代わりにはならない」という。

ブルトン氏の試算によると、同社の従業員が1日に受け取る平均200通のメールのうち、役に立っているのはわずか10%。無差別に発信される迷惑メールが18%を占めるとみられる。幹部らは週に5~20時間をメールの読み書きに費やしているという。アトスの従業員は、世界42カ国で7万4000人に上る。

同社の報道担当者によれば、メール禁止の動きは社内で好意的に受け止められている。半年前に比べ、すでに社内メールは20%減少しているという。

若い世代を対象にした最近の調査でも、メール離れを示唆する結果が報告されている。若者の間ではより速く、手軽な通信手段として、文字メッセージやフェイスブック、ツイッターを通した交流が好まれているようだ。

********************

「社内メールの廃止」に私も賛成である。
会社にいると大小様々な内容のメールが山のようにくる。
メールの読み書きに費やす時間、そして受け取るメールの10%しか役に立たないという事実。
メールはとても便利だが、頼りすぎるとメールに溺れて業務に支障をきたすこともあるだろう。
この企業はフランスに本社があり、次いでスペインイタリアドイツと世界42カ国で7万4000人あまりの従業員がいるという。
このように大きな企業のメール廃止という動きがどのように成功するかぜひ結果を知りたい。

By MT
[ 2011/12/08 17:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上司からのFB申請、断り方は?

web R25 12月7日(水)7時15分配信


日本での利用者数が1000万人を突破したフェイスブック。今やネットユーザーの17%が利用しているといわれるが、実名ならではの弊害も相変わらずよく耳にする。特に最近目立つのが「職場の上司が友達申請をしてくる」ケース。プライベートな場として利用したい人にとって、SNSでも上司の“干渉”を受けるのは避けたいところだろう。今回は、こうしたありがた迷惑な友達申請をかいくぐった4人の事例を紹介しよう。

●「無言でリクエストを削除したり、ブロックするのは感じ悪いので、必ずお断りのメールを送るようにしています。できるだけ丁重に、でもキッパリと断ることが大事。『プライベートな内容が多くて恥ずかしいので、仕事関連の方はお断りしてるんです~』とか、かわいい感じで断れば相手を傷つけることもないし、会社で顔を合わせてもギクシャクすることはないと思います」(20代女性)

●「上司に限らず苦手な人から友達申請されたら『フェイスブックはほとんど使ってないんで、こっちで絡みましょう』とか言って、別のSNSに登録してあるダミーのアカウントを教えるようにしています」(20代男性)

●「申請を受けた上司がアンチ巨人だったので『○○さんの嫌いな巨人絡みの書き込みだらけなんです。不快に思わせてしまっても申し訳ないので…』と言って断りました。おかげで、好きでもない巨人ネタを定期的に仕込むハメになりましたが…」(30代男性)

●「上司や仕事絡みの友達申請に対しては、あたらずさわらず完全にスルーしてます。もし直接会った時に突っ込まれても『最近見てなかったので…』など、言い訳を何パターンか用意してあります。上司も言いづらいのか、今のところ誰からも“催促”はされてませんが…」(30代男性)

一方で、断り切れずに承認した結果、フェイスブックから離れる人も。

●「顔を合わせるたびに『申請しといたから』と言われるため、仕方なく承認しましたが…。上司の書き込みがウォールに出るたびに『いいね!』を押すのは疲れるし、上司のドヤ顔が目に浮かんでうんざり。自分も以前のようにのびのびと発言できなくなったし、気づけばもう何カ月もログインしてません」(30代女性)

つながりたくない人からの友達申請をいかにしてかわすか? フェイスブックユーザーにとっては、今後も頭の痛い問題になりそうだ。
(榎並紀行)

******************

上司からの友達申請、確かに困ることもあるだろう。
場合によってはパワハラ、セクハラも起こりかねない。
ネット上のやりとりで問題がおこっても気軽に法律事務所に相談することもできないし。
ミクシィの足跡でも似たような問題があった。
フェイスブックのメリット、デメリットについて考えてしまった。

By MT

[ 2011/12/08 17:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

13年度の新卒採用4倍増=日本マクドナルド

時事通信 12月7日(水)17時0分配信

 日本マクドナルド(東京)は7日、2013年度の新卒採用数を12年度の4倍にあたる280人に増やす方針を明らかにした。社員の男女比を均等にするため、女性の採用比率を現在の5割から7割に高める。
 14年度も同規模の大量採用を予定する。店舗運営のフランチャイズ化により、ここ数年は新卒採用を抑える傾向にあったが、中長期の成長のため若手育成に注力する。

********************:

マクドナルドは定年制度復活や「マクドナルド経営ラウンドテーブル」という中途採用試験をしたりと様々な取組をしている。
そして今回は13年度の新卒採用数を大幅増、かつ女性の採用比率が高くなるとある。
希望する学生にとっては良いチャンスである。
前述した中途採用者試験は、グローバル人材を求めているためTOEICスコア800点以上であれば国籍は問わないという。
外国人採用にも積極的な一面が伺える。
きっと、新卒枠でも外国人枠があるのではなかろうか。
就活生にとって13年度のマクドナルドは狙い目かもしれない。

By MT
[ 2011/12/08 17:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Facebookで人気の「ソーシャル就職企業ランキング 2013」


MarkeZine 12月6日(火)12時30分配信

 ユーザーローカルが発表した「ソーシャル就職人気企業ランキング」は、Facebookページが何人のユーザーに「いいね! 」されているかをもとに、人気の高い企業の採用Facebookページを独自に集計して、業界別ランキングにまとめたもの。

 その結果、1位は「日本生命」で、以下、「リクルート」「大和証券グループ」が続いた。このランキングでは、既存の就職ランキングでは上位にあらわれない企業が上位に入っているのも特徴となっている。

ソーシャル就職企業ランキング 2013【全業界】
1位 日本生命保険
2位 リクルート
3位 大和証券グループ
4位 ニトリ
5位 ポケモン
6位 東京海上日動火災保険
7位 第一生命保険
8位 電通
9位 日本テレビ
10位 日本IBM
11位 リクルートHRマーケティング
12位 本田技研工業
13位 NTT東日本
14位 大日本印刷
15位 住友生命保険
16位 ライフネット生命保険
17位 マクロミル
18位 パナソニック
19位 テレビ東京
20位 NEC

 業界別ランキングでは、メーカーでは「本田技研工業」、IT・通信では「日本IBM」、メディアでは「電通」をおさえて「ポケモン」が1位となった。

 現在、採用に関するFacebookページはおよそ1000件開設されているが、来春卒業予定の新卒学生の就職活動が本格開始してから、急速にページ開設数、「いいね! 」件数が増加。1年後には採用のためのFacebookページを開設する企業は2500社程度に達する見込みとなっている。

*********************

フェイスブックに企業ページができそこで採用情報や企業情報を得ることができるようになった。
以前NECのページを見て、採用情報以外にも最近のニュースに自社技術がどのように絡んでいるかの紹介があり非常に興味深かった。
今回のランキングの上位企業はどうだろうとのぞいてみた。
2位のリクルートは「いいね!」を押さないとページに入れなかったが…。
各企業、最新のセミナー情報、フェイスブック限定告知社員交流会のお知らせから、潜在能力診断アプリの紹介や日々のことなど様々な記事が掲載されている。
あるサイトでは該当企業の「いいね!」推移をグラフ化したり、人気書き込みランキングがあり、みんながどのようなことに注目しているのかが分かるようになっている。
私の時代は企業のHPさえ見ていれば情報を取りこぼすこともなかったように思うが、今はHPにフェイスブックと企業によっては様々な情報発信があるようで、情報収集も一苦労だろうと思う。
このようなフェイスブックを使っての就活は海外でもあるのだろうか?
海外モニターアンケート調査をしてみたいものだ。
日本で外国人就職希望者、留学生就職希望者にとっては、この就活方法は非常にわかりずらそうだ。
情報過多の中で、学生たちは膨大な情報に振り回されないよう、情報の取捨選択が上手にできるようにならなければならない。

By MT
[ 2011/12/08 17:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

進路相談会:外国籍中学生対象に初 川口で60人参加 /埼玉


毎日新聞 11月28日(月)12時7分配信

 川口市のJR川口駅東口にあるキュポ・ラで27日、外国籍の中学生を対象にした初の高校進学相談会があった=写真。来年に受験を控える中学3年生や保護者など約60人が参加した。県立高校の教師らが入学試験の実情や外国人特別選抜制度などを説明、参加者はメモをとりながら熱心に聞き入っていた。
 タイやフィリピン国籍の先輩高校生6人も参加し「自分の将来を考え、あきらめないで最後まで頑張って」と激励した。中学2年生の長男(14)と参加したペルー人の新垣マリソルさん(34)は「進学情報をいろいろ集めたかったスペイン語の通訳がいたのでよくわかった」と話した。
 同市には県内市町村では最多の2万人以上の外国人が居住、年々増加傾向にある。【鴇沢哲雄】

**************************

外国籍の学生達の進学は見えない社会問題かもしれない。
川口市のように外国籍の学生のための進学相談会を必要とする人々が他にもいるであろう。
進学相談会ではスペイン語通訳者がいたので助かったとある。
子供達は日本語を理解するが、その親は話せないケースも多い。
同様にポルトガル語通訳タガログ語通訳インドネシア語通訳等がいるとより参加者から理解されやすいだろう。
外国籍の学生はすでにバイリンガルであるので貴重な人材となり得る。
彼らが日本語が壁となって希望した教育を受ける機会を逸することがないようにしたい。

By MT
[ 2011/12/05 17:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

女性宅配スタッフを大量採用する佐川急便の狙いと勝算

ダイヤモンド・オンライン 12月2日(金)8時30分配信

肉体労働で男性の仕事というイメージの強い宅配便の配達員。この職種で、佐川急便が女性スタッフを大幅増員することを決めた。

 現在、佐川急便に勤務する女性従業員(正社員、準社員、契約社員)は、全体の14%で8000人だが、数年後には1万5000人にまで引き上げたいとしている。

 背景には、宅配分野におけるネット通販の拡大がある。

 企業間物流に対して、ネット通販など個人宅へ届ける宅配便は、荷物が小さく軽量で、女性でも持ち運びしやすいという。また、宅配の受け取りは7割が女性だ。特にネット通販では、一人暮らしの女性が仕事から帰宅後、夜間に受け取る機会が増えており、女性スタッフによる宅配で安心感につなげる狙いがある。

 運送業界は、常に人材の確保に苦労しているという事情もある。これまでのような男性偏重の雇用を改めて、安定的な人材確保につなげたい。経営的にも宅配が集中する午前と夜間の4時間だけ勤務する宅配員が必要だが、正社員だけでは埋められない。ここにパート感覚での勤務を希望する主婦層を取り込みたいという。

 佐川急便は宅配便の取り扱い増加に合わせて、小型のサービスセンターを増やしてきた。半径300~500m圏に宅配する拠点で、現在、全国397ヵ所にある。サービスセンターでは、配達員は大型トラックではなく、台車や自転車を利用して宅配に回っている。こうした拠点や配送方式の整備で、女性が働きやすい環境が整いつつあるという。

 問題は、まだまだ「宅配員=男性」のイメージが濃いことだ。中途採用の募集をかけても応募してくるのは大半が男性。今期は、女性の配達員を1000人採用する計画だが、11月末時点で300人にとどまっている。枝中尚樹・執行役員人事部長は「このペースでは、女性従業員を計画の1万5000人にまで増やすのに20年かかってしまう」と頭を悩ませている。

 計画通り女性スタッフを増やせるかどうか、まずは宅配員の仕事にまとわりがちな“大型トラックで重荷物を運ぶ”というイメージをいかに払しょくできるかにかかっているといえよう。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 須賀彩子)

***************

女性による宅配便。
今日、我が家に荷物を届けてくれた方も女性だった。
やはり宅配便=重いもの=男性の仕事と思われがちだと思う。
しかし、記事にある通り、昨今の宅配物はネットで購入した本や洋服といった具合に軽いものが増えている。
佐川急便が提案するように、主婦を狙って女性スタッフを増員することができれば、企業と求職者双方にとって良い結果が生まれるのではないだろうか。
佐川急便は2003年より中国・上海でも宅配事業を行っている。
ネット通販が拡大している中国において宅配業者は激しい競争を繰り広げている。
そこで、佐川急便は日本で培ったサービスをマニュアル翻訳することにより、現地ドライバーの教育・人材育成に努め、また荷物追跡システムや代金引換サービスなど日本同様の高品質な輸送サービスを提供することで多くの荷物を取り扱っているようだ。
佐川急便は上海に続いて広州でも宅配事業をスタートする。
現地の反応はどうだろうか。楽しみである。

By MT
[ 2011/12/02 21:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

人材チーム

Author:人材チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
人材チームオフィシャルブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。