FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高島屋、外国人留学生を積極採用 新卒の1割 アジア店舗のリーダー育成


フジサンケイ ビジネスアイ 10月22日(土)8時15分配信

 高島屋は21日、2012年4月入社予定の新卒社員から、アジアを中心に外国人の留学生を積極的に採用する方針を明らかにした。比率は採用全体の10%を目安とする。高島屋など大手百貨店は国内市場の縮小を背景に海外事業の拡充を進めているが、これまで外国人留学生を新卒採用する例はほとんどなく、同社が業界の先駆けとなる。

 高島屋は1993年にシンガポールに開店した商業施設が、11年8月中間決算では22.6%の営業増益となるなど好調。来年8月には上海で1号店がオープンし、ベトナムのホーチミン市にも1万平方メートル規模の店舗をシンガポールの支店として開業する計画がある。留学生の採用で将来の現地リーダーとなる人材を確保し、競争力を高める。

 全体で約70人を予定している来春の入社から、留学生の比率を約1割とする。留学生は原則3年間、日本人社員と同様に国内店舗での接客業務に従事した後、海外事業に携わる。海外店舗の現地採用者との人材交流も視野に入れており、国内採用の留学生には交流を後押しする役割も期待する。

 鈴木弘治社長は「海外店舗が増えれば海外での外国人スタッフも必要となり、人材的に進化しないとアジアの店舗戦略が機能しない」と指摘。日本人の新卒採用が中心だった百貨店も、今後は人材のグローバル化が必要になるとの考えを強調した。

**********************

日本で勉強している留学生にとっては朗報である。
日本で就職したいと思っても実際に留学生に門戸を開く日本企業は決して多くはない。
高島屋はすでに海外展開をしている。
シンガポール、上海、ベトナムとあるので中国語翻訳ベトナム語翻訳ができる日本人社員より、その国から日本に来た留学生を採用するほうが、現地リーダーとして育成できる。
百貨店は高島屋以外にも例えば伊勢丹が上海や成都、バンコク、クアラルンプール、シンガポールにすでに店舗を構えている。
現地の事情を知り、日本とのパイプ役となる優秀な人リーダーを育成するためには、やはり日本で生活したことのある留学生は貴重な人材であろう。
留学生であればタイ語翻訳マレー語翻訳等も不要で現地でどんどん活躍できる。
日本企業の海外進出を手助けするのは留学生諸君である。

By MT



スポンサーサイト
[ 2011/10/27 20:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

<JKT48>目指せ、インドネシアのAKB48 最終選考に向けトレーニング

毎日新聞 10月17日(月)8時1分配信

 日本の人気アイドルグループ「AKB48」の海外初の姉妹グループ「JKT(ジャカルタ)48」がインドネシアで始動した。1000人を超す応募者から選ばれた約60人が最終選考に向けトレーニングの真っ最中。第1期生「チームJ」の16人が来月発表され、年内にデビューする予定だ。コンセプトはAKB同様「会いに行けるアイドル」。秋元康さんが総合プロデュースし、インドネシアの国民的アイドルを目指す。

ジャカルタ中心部のスタジオではメンバー候補たちがAKBのヒット曲「ヘビーローテーション」に合わせ、ダンスの練習に励んでいた。年齢は13~20歳。「ファンの人たちに身近なアイドルになりたい」と大学生のアリサさん(18)。AKBの渡辺麻友さんのファンというリタさん(19)は「将来はAKBのメンバーに選ばれたい」。今月4日にはファンとの交流イベントでジャカルタを訪れたAKBの高橋みなみさんが「一緒にステージに立つ日を楽しみにしています」と激励した。

 インドネシアでは日本アニメや主題歌の人気が高く、若者の間ではキャラクターに扮(ふん)するコスプレも盛んだ。だが、音楽では韓国のK-POPが人気で和製ポップスは低調気味。JKTのメンバー候補も複数がオーディション前に初めてAKBを知ったと明かす。

 地元ではテレビのオーディション番組がブームで新グループが続々と誕生。選考では容姿や歌唱力、ダンスの完成度が重視され、AKBのような「身近なアイドル」は珍しい。新たなファン層の開拓が課題だ。プロジェクトを統括する電通メディア・グループ・インドネシア担当者は「2億人を超すインドネシアは若年層が多く、経済も好調」と市場としての魅力を強調し、「ファンと一緒に成長する姿をアピールしたい」と差別化を狙う。

 ただ、インドネシアは人口の9割がイスラム教徒。過度の露出は強硬派の反発を招く可能性がある。昨年韓国のプロダクションが実施したオーディションでは、合格者に美容整形を義務づけ、物議を醸した。地元アイドルグループ関係者は「宗教や文化の違いに配慮し、いかにセクシーさを表現するかが成功の鍵」と指摘する。

 AKB48はシンガポールでの定期公演を開始、アジア進出を加速させる。日本文化普及への期待も高まる。国際交流基金の小川忠・東南アジア総局長は「AKBやJKTの活躍がアジアと日本の新たな文化交流の契機になれば」と話す。【ジャカルタ佐藤賢二郎、写真も】

*******************

「JKT48」、どんな子達が選ばれたのか、デビューが楽しみである。
しかし、インドネシアではAKB48は知名度が低かったのね。
AKB48が出演した歌番組やバラエティ番組等はあまりインドネシア語翻訳されないのだろうか。
我が家は一家揃ってAKB48ファンである。
彼女達、かわいいけど何よりおもしろいなぁと思う。
そして「TPI48」、台北版と続くようだ。
台湾ではAKB48は中国語翻訳されて人気なのではないだろうか。
中国ではAKBそっくりグループがあり、プロデューサーはAKBなんて知らない。たまたま似ただけ。と言ったようだが。
AKBフォーマットを英語翻訳ポルトガル語翻訳ロシア語翻訳等すれば今後欧米でも「○○○48」が誕生するだろうか。
ちょっと各国の「○○○48」を見てみたい。

By MT

[ 2011/10/21 00:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

数学、物理得意だと高所得=「国語」と180万円差―大卒就業者1万人調査


時事通信 10月20日(木)21時15分配信

 文系、理系を合わせた大卒就業者約1万人(平均年齢43歳)の得意科目と平均所得(年収)の関係を調べると、数学が得意な人の所得が約620万円と最も高く、2番目は理科が得意な人の約608万円だったと、同志社大や京都大などの研究グループが20日発表した。数学が得意な人と国語が得意な人とでは、約183万円の差があった。
 理系の就業者約3200人では、理科4科目の中で物理が得意な人の所得が約681万円で最も高く、生物が得意な人が約549万円で最低だった。こうした傾向は世代を通じて共通していたが、学習指導要領が変わり、「ゆとり」や「個性」が強調されて学習内容が減るにつれ、理数が得意な人が減っていた。
 同志社大経済学部の八木匡教授らによると、数学や物理が得意な人の所得が高いのは、論理的な思考能力が仕事の役に立っているだけでなく、理数が得意な人が減少傾向にある中、労働市場での評価が相対的に高まっている可能性がある。 

********************

得意科目で年収が分かれることは何となくわかっていたが、あらためて数字で見ると大きな差である。
数学と国語、どちらが得意かで183万円の差。
理数系が得意な人は必ずしも技術者、研究者といった理系の職に就くわけではなく、記事にもあるように論理的な思考能力を様々な分野、職種で発揮しているのだろう。
昨日テレビでも「リケジョ」=「理系女子」大学生の就職について特集があった。
就職となると女性で理系に進める人はほとんどいないようで、就職先は文系の総合職希望とあった。
これは日本独特なのだろうか。
全員がこれまで勉強してきたことを職につなげることは難しいと思うが、日本は特に門戸が狭いように思える。
特に働く女性の多い、アメリカやフランス、オランダ等の事情を英語翻訳フランス語翻訳オランダ語翻訳で調べてみたい。

By  MT
[ 2011/10/21 00:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ベトナムから看護師受け入れへ 政権、関係強化狙う

asahi.com

野田政権は、ベトナムから看護師や介護福祉士を受け入れる方針を固めた。野田佳彦首相が来日するズン首相と31日に会談して合意する。看護師や介護福祉士の受け入れは、インドネシア、フィリピンに続いて3カ国目。

 両首脳は両国関係の一層の強化を確認し、看護師・介護福祉士の受け入れを目玉にしたい考えだ。早ければ2013年度にも始める。両国の経済連携協定(EPA)は09年10月に発効したが、看護師などの受け入れは妥結せず、協議が続いていた。

 昨年までインドネシアから316人、フィリピンから139人が看護師候補者として来日したが、国家試験合格率は数%。合格しないまま帰国するケースが相次いでおり、改善策が必要と指摘されている。

**********************

アジアからの看護師、介護福祉士はこれから超高齢化社会を迎える日本には非常に重要である。
それなのに、すでに来日していたインドネシア、フィリピンからの看護師候補者は日本の国家試験に合格できず母国に帰国している。
本当にそれが当初意図したことなのだろうか。
さらにベトナムからも受け入れとある。
日本の看護師等の受入れ制度や状況をインドネシア語翻訳タガログ語翻訳ベトナム語翻訳して現地で報道されたら、それでも日本へ行きたがる候補者はいるだろうか。
ひるがえって、もし日本人が海外で働くことになった時、同様にその国の言語での国家試験を受けると合格率はどうなのか予想できそうだ。
やはり、もともと言語にハンデがある外国人看護師、介護福祉士にはもう少し配慮した対処が必要である。

By MT
[ 2011/10/20 23:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

失業した米国人、チャイナ・ドリームを求め続々中国へ―米メディア

Record China 10月16日(日)8時1分配信

2011年10月11日、米誌コロンビア・ジャーナリズム・レビュー(電子版)によると、失業後、就職難の続く母国を離れ、職を求めて中国を訪れる米国人が急増している。すでに約7万1000人の米国人が永住する覚悟で中国で就業しているだけでなく、短期ビザで職探しをしている人も多いという。12日付で環球網が伝えた。

ロサンゼルスで失業したベン・ポールさんは現在、上海の広告会社に勤務している。ベンさんは「ロサンゼルスでの職探しは本当につらかった。仕事が少ないだけでなく、どの会社も相手にさえしてくれなかった」と語る。

米国での半年間の職探しが徒労に終わったベンさんは、妻と一緒に中国へ行ってチャンスを見つけようと決心した。2人とも中国語はほとんど話せなかったが、求職1カ月後には満足できる職を見つけた。

しかし、すべての人がベンさんのように幸運だとは限らない。職を求めて中国を訪れる外国人が年々増加しているだけでなく、中国では毎年600万人以上の大学卒業生が社会人として巣立っているからだ。

ベンさん夫婦は、離れて暮らす母国の家族や友人を思いながらも、中国経済成長の中でつかんだこのチャンスを十分に価値あるものと考えているという。(翻訳・編集/HA)

********************

ウォール街のデモが世界中に広がっている。
経済格差の拡大、就職難、失業率の悪化など世界的に悪いムードが漂っている。
そんな中、アメリカ人は職を求め中国に向かっているという。
記事のベンさんは中国語翻訳もできなかったが、無事仕事を探し職に就いたとある。
外国人は、チャンスがあれば中国だけではなくアジアやほかの地域でも働くであろう。
例えばフィリピンならばタガログ語翻訳ができなくても、英語が通じる。
また、インドネシア、インドも同様にインドネシア語翻訳ヒンディー語翻訳がなくとも英語で仕事ができるであろう。
日本人は国民性なのか、日本を飛び出して働く人は少数だと思う。
かくいう私もその一人である。
現状日本で何も変えられなければ、海外でチャレンジできるようになりたい。

By MT
[ 2011/10/17 03:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

鉄鋼各社 アジア研修など育成急ぐ 人材国際化、海外開拓のカギ


フジサンケイ ビジネスアイ 10月8日(土)8時15分配信

 鉄鋼各社が、需要が拡大するアジア各国での研修強化や海外駐在経験者の上積みなど、グローバル人材の育成を急いでいる。円高で加速する国内メーカーの生産拠点の海外移転で、現地対応の重要性が高まっているためだ。提携する海外メーカーとの人材交流も積極化し、さらなる海外市場の開拓にも打って出る構えだ。

 「海外駐在経験者を現状の400人から2020年には800人に引き上げる」のは神戸製鋼所。同社は1980年代、プラントエンジニアリング事業の海外展開を加速し、「鉄鋼メーカーの中では海外勤務のチャンスが最も多い」ことで知られた。しかし、事業縮小で海外勤務の機会が激減。その結果、海外勤務経験者の4分の1が50歳代と高齢化し「10年後には経験者の多くがいなくなる」ため、若手のグローバル人材育成が急務となっている。

 このため、海外勤務期間を従来の5年から3年に短縮し、海外勤務経験者の増加を図る。語学力向上に向け、英語講習も充実させ、早期にTOEICのスコア730点以上を400人から倍増させる計画だ。

 一方、JFEスチールは9月からインドでの語学研修制度を開始した。入社10年以内の若手を中心に約20人を派遣、12年以降は派遣人数を約40人に倍増する予定だ。

 提携先であるインド鉄鋼大手、JSWスチールとの人材交流も進める。今年はJSWの技術者約30人をJFE西日本製鉄所で受け入れた。

 国内の鉄鋼業界は現在、輸出比率が4割で、従来は日系メーカーの海外展開についていく状況だったが、新興国の経済発展で今後は独自の顧客開拓も求められており、「人材の国際化がカギになる」(鉄鋼大手)という。(川上朝栄)

*******************

各企業が海外での事業展開を加速させる上で語学力は重要である。
インドでの語学研修制度は不思議な感じがした。
英語翻訳はもちろんヒンディー語翻訳も同時に学べるからだろうか。
アジアでの研修の強化とあるので、マレー語翻訳ベトナム語翻訳クメール語翻訳等の需要も多くなるかもしれない。
「人材の国際化がカギになる」ということは、日本人の語学力強化に加え、外国人の起用も増えるであろう。

By MT
[ 2011/10/14 01:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トヨタ、内定者向けに短期海外留学プログラムを実施


レスポンス 10月7日(金)9時0分配信

トヨタ自動車は6日、2011年度より採用内定者を対象に、海外留学を支援する「短期海外留学プログラム」を実施すると発表した。

プログラムでは、グローバルに活躍する人材の育成を目的に、採用内定者が入社前の内定期間を活用して海外留学の機会を提供するもの。海外大学生と幅広い人脈を形成し、国際社会の中で求められる役割を習得する内容としている。

2011年度内定者の留学期間は2012年4月~9月で、最大10名が参加できる。留学先は米国ペンシルバニア大学の短期留学プログラムを予定している。なお、授業料および渡航費を一括支給し、現地生活費は本人負担とする。

同社は、日本の国際競争力向上のため、グローバルな人材の採用・育成が必要と考え、来年以降も短期海外留学プログラムを継続していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

********************

これからの社会人は語学力も必須であるのだろうか。
企業持ちで短期海外留学ができるのなら学生もありがたい。
英語翻訳はもちろん、国際人としての感覚等を養うことを求められている。
世界展開しているトヨタなのだから、フランス語翻訳オランダ語翻訳ロシア語翻訳等も学べるよう、留学先も広がるかもしれない。
企業、学生双方に有益なプログラムとなるであろう。

By MT

[ 2011/10/13 23:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

<世界大学ランキング>1位はカルフォルニア工科大学、東大は30位でアジアトップ―英誌

Record China 10月8日(土)15時7分配信

2011年10月6日、英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2011年の大学ランキングを発表した。1位は米カリフォルニア工科大学で、日本からは30位の東京大学など上位200校に5校が選出された。7日付で中国新聞社などが伝えた。

トップ10はカリフォルニア工科大学(米国)、ハーバード大学(米国)、スタンフォード大学(米国)、オックスフォード大学(英国)、プリンストン大学(米国)、ケンブリッジ大学(英国)、マサチューセッツ工科大学(米国)、インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国)、シカゴ大学(米国)、カリフォルニア大学バークレー校(米国)だった。

上位200校にランク入りした香港の大学は昨年同様4校だったが、最上位にランクされた香港大学は昨年の21位から34位へとランキングを大きく落とし、東京大学(30位、昨年26位)にアジアトップの座を譲った。

同ランキングは、「教育」「研究」「論文引用」「国際化」「イノベーションへの資金投入」の5大指標を参考に決定されており、今年アジアの大学のランキングが大きく下落した原因について、ランキング編集者は「論文に関する影響力の基準と参考範囲を調整したため」と説明している。

なお、上位200校に選出された日本の大学は、東京大学(30位)、京都大学(52位)、東京工業大学(108位)、大阪大学(119位)、東北大学(120位)の計5校だった。(翻訳・編集/HA)

****************

世界の大学ランキングは興味深い。
ハーバード大学が過去8年で初めて首位を明け渡したそうだ。
日本の大学も上位200校に5校ランクインし、多いのか少ないのか。
トップ10はアメリカ、イギリスがほとんどを占めた。
ちなみにヨーロッパでは45位にドイツ、59位にフランス、68位にオランダ等がランクインしている。
この結果をドイツ語翻訳フランス語翻訳オランダ語翻訳等すると各大学切磋琢磨するだろうか。
アジアでは日本、中国、韓国等が上位を占める中、イスラエルやトルコの大学もランクインしていた。
イスラエルの大学の論文はアラビア語翻訳を介して引用されているかもしれない。
日本の大学もランクアップするよう頑張ってほしい。

By MT
[ 2011/10/09 12:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

あの企業のユニークな研修、いったいどうして?

忙しいR25世代にとっては、正直「参加めんどくさい」と思ってしまうこともある社員研修。でもなかには、遊び心たっぷりのユニークな研修を実施している会社もある。そのひとつが、バンダイ。屋外の施設で「バンダイ・アドベンチャー・プログラム」という研修をおこなっているそう。その内容とは…?

まず、部署の異なる10人程度のチームに分かれ、チーム同士で課題に取り組み、競い合う。勝敗が決まったら、チーム内で反省点を話し合う。…という大枠は普通の社員研修に近いけど、ポイントはその「課題」! 

●全員が指一本でフラフープを持ち、そのまま地面に下ろす。途中で一人でも指が離れたら、やり直し
●全員で細長い平均台に乗り、誰も地面に足をつけないで誕生月順に並び変わる
●一人1本ずつ竹筒を持ち、それを使ってビー玉を落とさずにゴールまで運ぶ
●一人ずつ、空中ブランコに挑戦。命綱はほかのメンバーが握ってサポートする
●タイヤと木とロープを使って車を作り、車から降りずに工夫してゴール地点まで車を動かす

まるで小学生の運動会のようだけど、地味に難しそう…(汗)。どれもチームワークが必要そうだけど、どうしてこんな内容を研修に?

「これらは外部の研修プログラム企画会社と相談して設定したもので、毎年1回、2泊3日で実施しており、もう10年目になります。この研修は、バンダイに入社したら必ず受ける研修で、時期は異なりますが、新卒社員だけでなく中途入社の社員も受けるものです。様々なアクティビティに挑戦し、『目標必達』『誰かではなく、自分で創る』『周りを巻き込み、触発し合う』など、バンダイが求める価値観を体感してもらうのが目的です。研修を通じ、仕事の現場で当事者意識を持つことの大切さや、メンバー全員が目標を共有することの重要性を参加者たちは感じると思います。あとは部署をまたぐ仕事が多いので、社内での人脈を築いてもらいたい、という目的もあります。チームワークが必要な課題が多いですし、夜は宴会でかなり盛り上がるので(笑)、結束力も高まり、人脈を築けます。研修後も交流が続くチームもあるようですよ」(バンダイナムコホールディングス・人事部・人事育成チーム・小野寺 仁さん)

アクティビティに夢中になるうちに、チームを引っ張るリーダータイプや、ロジカル思考でアイデアを思いつくタイプ、体を動かすことが得意なタイプなど、特徴が分かりやすく出てくるそう。その「素の姿」は仕事の仕方にも通じるため、人事部に自分の個性を把握してもらえる絶好のチャンスでもある。楽しいのに利点が多い研修、いや冒険! 体験してみたいな~。
(富永明子)
(R25編集部)

*********************

各企業には様々な工夫がある。
この記事にあるバンダイの社員研修も大変独特である。
他に会議は立って行うや、毎日違う机で勤務するオフィスなど。
どれも成果を上げていると言う。
このような取り組みを英語翻訳中国語翻訳韓国語翻訳等して発信してみるのはどうだろうか。
または、世界のおもしろ研修やシステムを集めてみたい。

By MT

[ 2011/10/08 11:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

年200~300店舗の出店目指す ユニクロ海外戦略の成功条件

ダイヤモンド・オンライン 9月30日(金)8時29分配信

「アジアは眠れる金鉱だ。社員全員と一緒にゴールドラッシュを目指して突き進みたい」

 ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は9月の事業戦略説明会で、海外事業への意気込みを力強く語った。今年度の売上高予想8360億円に対して、海外事業の成長を軸に、2020年度には売上高5兆円、経常利益1兆円という大きな目標をぶち上げている。自ら課した高いターゲットを果たしてクリアできるのか。

 説明会では、具体的な道筋が示された。国内での成長が頭打ち状態となりつつある中で成長の原動力は当然、海外事業となる。特に「まず、アジアで圧倒的ナンバーワンのブランド企業になる」(柳井氏)ことを足がかりにして、毎年5000億円ペースで売上高を伸ばしていきたい考えだ。そのためには年間売上高20億円の店舗を年300店舗ペースで出店する必要があるとしている。その内訳は、中国で100店舗、韓国50店舗、台湾30店舗、アセアン諸国100店舗、欧米20店舗となる。遅くとも3年以内に年間200~300店舗の出店ペースを実現するという。

 現在の海外店舗数は186店舗にのぼる。中国82店舗、韓国63店舗を筆頭に、香港15店舗、英国12店舗、シンガポール5店舗、マレーシア2店舗、台湾2店舗、ロシア2店舗、タイ、フランス、米国がそれぞれ1店舗だ。2011年8月期第3四半期(9ヵ月分)の海外事業の売上高は736億円(前年同期比25.7%増)、同営業利益は97億円(同49.6%増)と、急速に伸びているのは確か。とはいえ、年間200~300店舗の出店ペースはかなり急ピッチだ。

 世界展開で重要なのは、まず「ブランド力」だろう。柳井社長もその点は痛感しており、外部の力を活用。ホンダのステップワゴンの広告を手がけたクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏や、イッセイミヤケのデザイナーを務めた滝沢直己氏を起用して、デザイン力、開発力のアップを図る。

 アジアではユニクロはそれなりの知名度を持っている。9月23日に2号店を出店した台湾では出店前に1000人の行列ができるほどの話題を集めた。同社の調査ではユニクロの認知率は台湾では約70%と、非常に高い。「価格は関税の関係で、地元メディアからは非常に安いとは評価されていないが、今後、高い品質に対する理解が進んでいけば、さらに浸透していくはず」(ユニクロ)と強気だ。

 また、世界展開には人材開発力も問われる。「毎年、グローバルに活躍できる1500人の店長人材を育成したい」(柳井氏)。そのため海外の人材を積極的に採用していくほか、本社の人材も底上げする。具体的には本社社員および国内の店長については、来年3月までにTOEIC700点以上をクリアする目標が掲げられた。これはまだほんの入り口に過ぎないが、矢継ぎ早に人材育成の手を打っていかなければ急速な成長は達成できないだろう。

 実は中期目標については、05年に「10年に売上高1兆円、経常利益率15%」を掲げている。経常利益率はほぼクリアできるものの、売上高は大きく未達成となる見通しだ。その意味で、今回の事業戦略も投資家に対する約束というよりは、社員を鼓舞するための目標という色合いが強いだろう。5兆円という途方もない数字は危機感の表れであり、柳井氏は「日本だけでは生き残れない」と言い切る。ユニクロの世界戦略がどうなるのか、注目される。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 野口達也)

*****************

ユニクロの海外進出が止まらない。
今後中国で100店舗、韓国50店舗、台湾30店舗を目指すという。
ユニクロの精神を社員に教育するために中国語翻訳韓国語翻訳が必要であろう。
また、アセアン諸国100店舗ともある。
すでにマレーシア、タイ、シンガポールに店舗があるが、これからとなるとインドネシアやフィリピン、ベトナムだろうか。
インドネシア語翻訳タガログ語翻訳ベトナム語翻訳で市場調査をしっかり行い出店する場所を選定しなければならない。
世界展開のために「毎年、グローバルに活躍できる1500人の店長人材を育成したい」(柳井氏)とある。
海外の人材を積極的に採用していくとあるので、日本にいる外国人にとってもチャンスがあるだろう。

By MT
[ 2011/10/05 11:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

マック、CEOとのディスカッションで選考 中途採用に導入


産経新聞 9月30日(金)13時0分配信

 日本マクドナルドホールディングスは、社員の中途採用試験に、原田泳幸CEO(最高経営責任者)とのディスカッションで選考する新たな形式を導入する。マクドナルド側と就職希望者の入社後のミスマッチを減らすのが目的で、10月に第1回目を実施する。

 「マクドナルド経営ラウンドテーブル」と名付ける採用試験で、対象は社会人経験が10年以上の30代前半。世界のマクドナルドとの共通戦略の強化などを軸に、「グローバル人材」の育成を強化していることから、英語試験「TOEIC」のスコアが800点以上であることが条件になる。国籍は問わない。

 ラウンドテーブルの1回当たりの枠は30人で、応募多数の場合は書類選考を行う。試験では原田CEOが1時間ほどマクドナルドの経営などについて講演し、その後1~2時間かけて応募者と企業戦略やマーケティングなどについて議論する。

 来年は3カ月に1回のペースでの実施を予定している。

 同社は「互いを理解しない採用、就職は効率も悪い。一緒に働きたいと共感した方に来ていただきたい」と話している。

******************

CEOとのディスカッションが採用試験とはとてもおもしろい取り組みである。
マクドナルドの経営についてCEOを前に議論するなど、マクドナルド社員でもあまり機会のないことだろう。
グローバル人材の育成を強化するため、英語に重きをおき、国籍は問わないとある。
外国人にとっても良いチャンスとなるのではないだろうか。
マクドナルドは今や世界中どこにでもある。
栄養価について疑問視される一方、後進国ではマクドナルドがステータスシンボルであることもある。
食文化に厳しいフランスではどのように評価されているのか、フランス語翻訳された記事を読んでみたいものだ。
また、スペインではなんとビールが販売されている。
ビールはスペイン語翻訳で何と言うのか。覚えてぜひ一度マックでビールを体験してみたい。
オランダではオランダ独自のハンバーガーやポテトの食べ方があるようだ。
オランダ語翻訳されたメニュー表を見てみたい。
良くも悪くもマクドナルド談義は尽きない。マクドナルド、行きたくなってきたなあ。

By MT
[ 2011/10/05 11:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

人材チーム

Author:人材チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
人材チームオフィシャルブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。